スキンケアで大切にしていること

スキンケアは、これ!といった方法がひとつだけではありません。

基本的に必要なことはありますが、人それぞれ、自分にあった方法を見つけるまでは、試行錯誤です。

ひとつ大事なことは、どんな方法でも丁寧にすることだと思います。

たとえ高い化粧水を使っていても、適当につけていたら効果も半減するというのが、私の経験則です。

ゆっくり時間をかけて、丁寧に肌に浸透させることが、何より大切だと思います。

また、自分に合うスキンケアを見つけるためには、ひとつひとつの方法をある程度時間をかけて試していかないといけません。

年齢によっても変わってくるので、小さな変化を見逃さないように気を付けています。

水道水とレッドラズベリーオイル

熊本から福岡に引っ越して来ました。

熊本の中心街の水道水は100%地下水で賄われ、残留塩素も全国の中でかなり低いそうです。

福岡は大体がダム水で人口が多いからか、水道水にそこそこ塩素が入っているそうです。

熊本の水道水から、福岡の水道水に変わりましたが、やはりカサカサします。

風呂に塩素を失くすビタミンCを入れたりしていますが、何もしていない水道水で手を洗う時もあります。

私はめんどくさがり屋なので、ハンドクリームじゃなく、日焼け止めと保湿の効果があると言うレッドラズベリーオイルを手を洗った時などにも使っています。

これで私は良くなりました。

30歳過ぎてからの焦り

シミ、くすみがあまり気にならなかった20代に日焼けをしっかりしまったのを今更後悔。でも今からでも遅くないとを頑張ってケアしています。

乾燥肌の私は洗顔フォームを使っての洗顔は夜のみ化粧水、美容液、乳液はしっかり欠かさずしています。気がついたときには美容マスクをし乾燥しないように防いでいます。

外出時にもっと日焼けを気にしないといけないなと思うのですが、日傘や長袖で防ぐ方法はなぜか苦手です。30歳を過ぎた今は今まで以上に頑張らないとと思っています。

手間が無いのに綺麗になれた!

昔は化粧水をたっぷり使って乳液とクリームを塗る方法をとっていましたが、20代後半から肌が変わり吹き出物や一部だけ乾燥するようになってしまいました。

30代になってよりひどくなって口コミで見た「ニベアの青缶」を試すことに。

夏でもベタつかずにしっかり浸透してくれて、ずっと悩んでた吹き出物も無くなり、1ヶ月ほどで1トーン肌が明るくなりました。

今は肌代謝をあげるために良いと言われる、バージンオイルを毎日飲んでいて、1週間で滑らかな肌に変わってきました。

ニキビ跡 赤みを消す方法が紹介されています。赤くなる原因の解説もあって参考になります!